カリキュラム

アトリエ・アルケミストは、それぞれの皆さんの興味や目標を中心に制作を進めてゆくアートアトリエです。
「イメージ通りの絵が描けるようになりたい」
「つくることが大好きで、とにかくいろいろなものが作りたい」
「絵本を作りたい」
「制作の場所や仲間が欲しい」
「制作に関わる仕事がしたい」‥
訪れる方の目的や理由は様々です。
アルケミストでは、「つくることがすき」を共通項にあつまった
さまざまな年齢/学年のひとが、それぞれに自分が興味のある制作を進めています。

ですので、同じ空間のなかで、こちらでは水彩画を描いていて、あちらでは紙粘土で小物を作っていて、ここでは木をのこぎりで切っている・・・といった風景がアルケミストでは日常となります。
多彩な制作が広がっている空間で集中して制作し、色々なひとの制作を感じながら制作過程を一緒にすごすこと。
それは、ひとりでの制作では出会えなかった分野にふれ、ひとりでは見えなかった「自分の制作ってなんだろう」を発見することにつながるとわたしたちは考えています。

年間スケジュールはこちら

全体を通じた日々の制作


基本の制作:小学生、中学生〜大学生、大人、すべてのクラスで
週に1度(4回/月)の制作

アトリエ・アルケミストでは、小学1年生から大人の方まで同じように、興味のある画材や目標、やってみたい分野をメンバーとお話し、そのなかで個々に予定(カリキュラム)を組んで制作をしていきます。

日々の制作は、まず8分間の制作基礎練習のクロッキーをし、そのあとに個々の予定を進めていく、という流れになります。

クロッキーとは短い時間で対象をさっと捉えて描くことです。
「実在する対象を目で見て捉え、短時間で表現すること」を繰り返すことで、制作する身体の基礎づくりをします。

すきな制作をする

「今日はなにをつくろう?」
「今日は絵の気分?工作の気分?」
「工作だったらなにつかいたい?
紙? 粘土? 木? それともダンボール?」
そのような会話のなかで、各自その日やりたい制作を決めていきます。
先週までの続きの制作があるひとはそれを行います。

一人がはじめた制作が楽しそうで、ほかのひともおなじことをやりだす・・・なんていうことも、アトリエではよくある光景です。

大人も、こどもも、そのひとのペースで、自分から「やりたい」と思って制作することでしか学べないものがある、というのがアルケミストの考え方です。

テーマ制作

テーマ制作:小学生:月に一度、基本的に全員が取り組む
中学生〜大学生:数ヶ月に一度 自由参加
大人:年8回程度 自由参加

アトリエでは、ふだんの制作のほかに、それまで触れて来なかった制作ジャンルに出会ってもらう時間として、「テーマ制作」という時間を設けています。

ちびっ子クラスでは、テーマ制作を月に1度行いいます。

スタッフが持ち回りで「こんな制作があるよ」と画法や技法、工作などを紹介して、皆でそれを作ってみる時間です。

「好きな制作をしていいよ」と言われても、どのような制作があるのかを知らなければ選択肢にあげられません。

知らないものは選べませんし、やったことがなければ、それが好きかどうかもわからないからです。

テーマ制作は、そういった意味で、画法やジャンル、技術を知り、実際にやってみる、選択の幅を広げる時間です。

ワークショップ

ワークショップ:
小学生    :不定期(2ヶ月に一回程度)自由参加
中学生〜大学生:不定期(2ヶ月に一回程度)自由参加
大人     :不定期(1ヶ月に一回程度)自由参加

「たまねぎ染めをしよう」
「音を聴いてそれをかたちにしてみよう」
「木炭デッサンをしよう」
「梅干をつくってみよう」…
アトリエのいろいろなクラスの方に体験してほしいものや、
アトリエの生徒さん以外の方にも体験していただけたら楽しいだろうな、というものはワークショップとして別室で行います。

ワークショップは、アトリエ生徒さんはもちろん、アトリエ生徒さんでない方も大歓迎の講座となっています。HP等でアトリエが少し気になっていたかたが「どんなところか体験してみたくて」とワークショップに参加されることもよくあります。

通いたくても毎週通うには遠すぎたり、時間のご都合が合わない方が、気になる制作のときのワークショップに参加されるケースもよくあります。

アトリエに通っている方にとっては、
「いつもとは違った部屋」
「いつもと違ったメンバー」
で学ぶことで、緊張感をもった刺激を受けてもらう目的があります。

専門性の高い作家さんや講師の方をお呼びすることも多く、
小学校1年生以下のお子様も参加歓迎のワークショップも行います。

1、2ヶ月ほど前からホームページとフェイスブックで募集し、定員となった時点で締め切る有料のワークショップとしています。

ちびっこクラスの制作・カリキュラム
中学生〜大学生の制作・カリキュラム
大人の制作・カリキュラム

アトリエの外でおこなうワークショップ

地元玉川学園や町田市でのまちづくりイベントへの参加をはじめとして、アトリエの外でもワークショップやイベント参加を活発に行なっています。

安心できるいつもの仲間・いつもの場所とは離れたところで制作を通じて新しいひと、場所に出会っていくこと。
その出会いが刺激となって、また各自の制作を見直し、練り上げて行くきっかけとなるとよいな・・・と思っています。

2018年これからやるワークショップ

2018年11月3日(土・祝)
感覚をテーマにしたワークショップ
まちだのくうき・聴覚・触覚・視覚・嗅覚のワークショップ

2018年11月10日(土)
市民講座
横浜市青葉区市民講座(6回)
五感で体験!心揺さぶるアートのちから3回目講座
感覚といろとかたちにしてみよう
ーエクササイズとしてのアートー
申し込みページ

過去1年でやってきた、アトリエの外でのワークショップ・イベント

2017.12.3
町田の商業ビルで行われた
こども向けイベント「キッズフェス」メイン装飾デザインと作成
会場壁面ツリーとオブジェ作成
壁面ツリーにちびっこがイラストを貼るワークショップ担当
デザインはすべてアトリエ高校生チームが行い、実制作はみんなで行いました

2017.10.8
現代音楽作曲家 宮内康乃さんと共同ワークショップ
森の中で感覚を研ぎ澄まそうー音と視覚・触覚のワークショップ
facebook

2018.3.10
町田市のマンモス団地、木曽団地活性化イベント「遊団地」
ちびっ子クラス年長者によるメインワークショップのスタッフ参加と
ちびっ子クラス・スタッフ全員による装飾物制作担当

「遊団地~団地はケーキである~」を開催しました(町田木曽団地)

2018.8.25
地元の児童館「南大谷こどもクラブ」での手作り絵本によるお話会

南大谷こどもクラブ お話会

2018.8.2~8.7
町田駅近く商業ビル「パリオ」でのちびっ子クラス有志による
子どもが主体になって企画した展覧会「まちだこどもがつくる展覧会